私たちは祖国解放後(1945年8月15日以後)、滋賀県に住む在日朝鮮人(朝鮮半島にル-ツがある人の総称、コリアン)の子どもたちの教育と人権を守り育むため自主学校を始めました。1949年の朝鮮学校強制閉鎖を乗り越え、1950年からは、18校の日本公立小学校内に「平和の光」像、「平和の誓」像、「植樹と帰国記念碑」で広く知られている「朝鮮学級」を作りました。そして1960年には、それらを順次に発展統合し、体系的な民族学校、滋賀朝鮮中級学校を設立しました。

 それから59年間、朝鮮学校は在日朝鮮人の子どもたちのアイデンティティ-を育む滋賀県下唯一の学校として歩んできました。

 私たちは、豊かな民族性や自主意識を育み、自己を確立できる人、仲むつまじく豊かで活力のある同胞社会、地域社会を築くことができる人、日本社会と在日朝鮮人社会、南北祖国と日本社会、国際社会を繋ぐ人を育てるため、民族科目(国語、社会、音楽など)や日本の学校教育に準じた教育を行っています。また、「一人はみんなのために、みんなは一人のために」をモット-に人を思いやる心の教育にも力を注いでいます。

PAGE TOP
MENU